どうしてもお金が必要なときは

「あぁ、お金がない!!明日は絶対に外せないとっても大切な日なのに!!」というピンチの時、どうしましょうか!?ちょっとお金を短期間借りられるような便利なサービスをしているところがあったら利用したくなりますよね」そんなところ、あなたは知っていますか?

 

銀行が様々なサービスを提供している現在、ちょっとお金を借りたいときに便利なのが「じぶん銀行」です。今じぶん銀行ではお得なキャンペーンをしていますよ。そもそも銀行口座の流れ、お金の流れをチェックする方法、現在ではネットバンキングが主流です。それもパソコンを使ってチェックするのではないスマートフォンを使ってするのが現代人ですよね。日本人は特にその傾向が強いです。じぶん銀行は携帯電話会社であるauと提携を結んでいて、ネットバンキングがより便利に使えるようになっているのが特徴です。さらに東京三菱UFJ銀行とも提携を結んでいるので手数料が無料などの特典があります。そしてスマートフォン利用してカードローンなどの申し込みも可能です。じぶん銀行カードローンについて はネットにその案内が詳しく乗っているのでぜひ参考になさって下さい。

 

じぶん銀行ではスマートフォンを使ってお金の動きのチェックが24時間可能です。さらに住宅ローンを組んだり電子マネーを利用することも可能。これってとっても現代的な銀行ですね。銀行のサービスも本当に多様化しました。それもこれも全てはインターネットが生み出したサービス。これがなかったらこんなサービス展開は不可能でしたね。店舗を構えてしっかりと営業している銀行以外にもネットだけでサービス展開をしている銀行も、どの銀行を利用するにしてもやはり倒産のリスクは考えて利用したいものです。お金は生きるうえで大切なもの。これがないと生きられません。ですから、ちょっとお金を借りたいときに信用できるサービスを展開している銀行や会社をちゃんと知っておきましょう。

 

友達に借金を申し込まれたら?

もし親友がお金に困り、明日買うパンのお金さえも持ち合わせていなかったらあなたはどうしますか?

これがもし家族ならあなたはお金をいくらか渡すと思います。でもそれが、家族ではなく友達の場合はどうしますか?

 

お金と友情は切っても切れないものです。それがお金の貸し借りの話ではなくとも、例えば一緒にご飯を食べに行ったり外出する、その大切な友達を遠出するときにお金を使わずに一日過ごすことはできないでしょう。お金をたくさん持っているかどうかが友情の深さにつながるわけではありませんが、でもお金の価値観が同じくらいの友達でないと、その友情は長続きしないかもしれません。直接的ではないのですが、でも間接的に友情とお金のつながりは深いのです。

 

仲の良い友達からお金を貸して、と頼まれたら、その金額があなたの負担にならない額でしたら、あげたと思ってお金を貸すのが良いでしょう。その友達も、もしかするとほかに頼める人がいなく本当に困っていて、お金を貸してとあなたに頼んでいるのもしれません。もしかすると身内の不幸があってまとまったお金がすぐに必要だ、急な出費にそなえて、普段から入ったお金はすぐに使っているのかもしれません。急な出費で本当に困っている友達ならお金を貸しても、きっと時間がかかるでしょうが、あなたにお金を返してくれるでしょう。そんな友達だと信じて付き合うことが出来ますよね。もちろんそうでない友達も中にはいます。むしろこちらの方がおおいのではないでしょうか。そんな友達と長くこれから付き合っていくことが出来ますか?難しいかもしれませんね。

 

これらの事から、もしかすると「お金を貸して」と言われた時が友情の確認が出来る良い機会なのかもしれません。本当に大切な友達ならあげたと思ってお金を貸してあげましょう。そうでない友達なら…「きっぱりと断った方が今後のためになるかもしれません」。断った後でも普通に友達関係を続けられるのなら、その友情も本物のはずです!

 

友達にお金を借りてはいけない!

あなたが「友達は大切」という意見の持ち主でしたら、絶対にやらない方が良いことがあります。それはその大切な友達からお金を借りないことです。お金はとっても有難いもの。でもその反面、トラブルの元でもあります。よくいわれる「金の切れ目が縁の切れ目」というものは、そんな人の正直な気持ちを捕らえていると思います。お金は大切ですが、魔物です!

 

よくよく考えてみて下さい。もしあなたが新しい仕事を始めよう、もしくは新しい会社に転職したい、とお思いならまず気にすることは給料ではないでしょうか。週に何回休みがある、どんな仕事の内容か、それは自分の人生を考えたうえでどれほど自分に有益かどうか…。このような事ももちろん考えます。でもどれほど仕事の内容が自分のやりたいことでも、どれほど週休があったとしても、まず給料が労働に見合っていない場合、あなたはその仕事に人生をかけられますか?お金はすべてではないけれど、でもとても大切です。

 

友達にお金を借りることが良くない、という事はお金を借りることでその友情にヒビが入る可能性があるからです。例えば、誰かに貸したお金の金額がどれほど小さくとも、人によればしっかりとその金額を覚えている人もいます。そしてお金を貸した人に対して、「この人は貸したお金を返さない人だ…」と、あなたが知らないうちにあなたに対してレッテルを貼っていることもあります。これって恐ろしいですよね。ひどい場合だと、その人が周りの人に「あなたはお金に対してだらしがない人」と吹聴している可能性もありますよ。ですから大切な友達だからこそ、お金は借りないことが一番です。

 

もしあなたがお金を貸した側だったら…。「貸したお金はまず戻らない」と思ってお金を貸すことです。こんな考え方でしたら、自分があげても問題ない金額を貸すことになるでしょう。それなら例えお金が返ってこなくとも、友情に決定的にヒビが入ることはないはずです。もしお金が返ってこなかったとしても、あげたと思えば諦めがつくはずです。人生を生きるうえで大切なのはお金だけでなく、誰にとっても友情も大切なはずです。ですから大切な友達とは「金の切れ目が縁の切れ目」というようなことにはならないようにしましょう!